PR

ツーリングドームLX【JIブラック】の仕様を知らずに買ったら驚いた

キャンプ用品
記事内に広告が含まれています。


コールマンのツーリングドームにはSTとLXがあります。

僕はSTを愛用していますが、やっぱりLXも使ってみたくなりましてね。

ただ


「普通のやつはどうもなあ」


と思っていたのです。

で、気になっていたけど


「ちょっと高いなあ」


と思っていたやつが安くなっていたので、いきおいでポチってしまいました。

ツーリングドームLXのJIブラック


コールマンが2023年から始めたデザインプロジェクト第1弾のものですね。

正直なところ、かなり個性が強いので、好みは分かれるでしょうね。

僕は好きですけど。

で、試し張りをしに行ったところで、はじめて気付いたんですよね。


これ、特別仕様じゃんって。


スペック表とかほとんど見ないで買ったので、正直ビビりましたけど、かなり嬉しい誤算でした。


何がって、まずポールが


最初からアルミポール


なんですよ。

ほらね。


完全に「ツーリングドーム=FRPポール」と考えていましたから、その衝撃は相当なものでしたよ。


アルミポールはオプションの別売り。

ツーリングドームのいいところでもあり、微妙なところでもありますけど、まあ仕方ないなと。

もちろんぼくはアルミポール化するつもりですから、ちょっと高くつくなあと思っていました。

そしたら、おいおいデフォルトかよ!って。

ああ、だから少し高かったわけねって、今さら納得。←遅すぎ

こちらとしては手間が省けて費用もおさえられたので言うことありません。


でね、それだけでも大満足だったのに、通常のツーリングドームLXと大きく異なるところがもう一つありまして。


それはインナーテントの仕様。

衝撃の4面メッシュ!


マジかーーーッ!

風通しバツグン!

ひゅーひゅーだよ!←わかる人は世代がバレる


いわゆる簡易テントじゃないフライシート付属のテントでこんなテント見たことあります?


だって4面メッシュにすると、単純に作るのに手間がかかるじゃないですか。

しかもこの仕様がマストかって言われると、そうでもないとも思うんですよ。

それをやっちゃってるんですからね。

いやー、とても贅沢な作りで感動ものです。


さすがデザインプロジェクトなだけのことはある。


それにこれならインナーテントだけを使うのもありですよね。

晴れた日の公園とか。

ぜったいに気持ちいいはずー。


あ、それとね、自在金具もブラックというのも地味にポイント高いです。

キリっとしていてカッコいい!


STのガイロープを自作した時にコールマン純正の赤い自在金具を使いましたけど、黒も販売してくれませんかねえ。

すぐ買うのにー。

ちなみにスペックはこんな感じ-。


はっきりいって

デザインのアクは相当強いです。

キャンプ場で目立ちまくります。

でも

それがこのテントの存在意義です。



ツーリングドームLXのJIブラック。



個性的なテントが欲しい方は、一考の価値アリだと思いますよ。

所有欲を満たしてくれることまちがいなしッ!です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました