PR

コールマンのツーリングドーム、アルミポール化してますか?

キャンプ用品
記事内に広告が含まれています。


テントを構成するのは大雑把に言ってしまうと、骨組みを構成するポールと壁となるシートです。


で、今回はポールの話。


ツーリングドームのポールにはFRPという素材が使われています。


FRP?


これは「繊維強化プラスチック」のことで、「グラスファイバー」という言い方をされることもあります。


FRPのいいところは安さですね。

だからコスパ重視のテントにはFRPがよく使われています。


よく「FRPは割れる」と言われますが、正しい使い方で無茶なことをしなければ、すぐに壊れてしまうということはありません。そんなに弱い素材なのであれば、ここまで使われることもないはずですよね。

ツーリングドームでもずっと使われている素材ですから、それなりの耐久性はあります。


ただデメリットもあります。



それは 重さ です。



ズシっとくる重み。
こればかりはどうしようもない。

ツーリングドームは「ツーリング」という名の通り、バイクや車で運ぶことが前提となっていますから、重さよりもコスパを重視してFRPが使われ続けているのでしょう。

ただもう少し軽ければ…と思う人が多いのもまた事実。



そこで アルミポール化 となるわけです。



軽くなって強度も上がるのですから、これをやらない手はありません。

少し前まで先人たちはDIYでアルミポール化をしていました。適当な長さのアルミポールを用意してカットするなどして自作していたのです。

しかし、2022年に朗報がもたらされます。



コールマンから純正のアルミポールが発売になったのです。



アルミポールはST・LXそれぞれにラインナップされています。

これによりFRPのまま使うか、アルミポールに交換するかの選択肢ができました。

いいぞ、コールマン!

正直、僕にとってはこの純正アルミポールの存在がツーリングドームに手を出す最後の一押しになったと言ってもいいくらいです。

アルミポールでインナーテントを建ててみました。


正直、ポールを変えても、見た目には違いがわかりません。


ただし、使い勝手は別次元。


完全なる自己満足だとあなどるなかれです。


ツーリングドームを愛用していくのであれば、少々の出費をしてでも手に入れた方がいい。


本気でそう思います。



【期間限定ガチ情報】

2024年3月5日時点での情報ですが、このページに運よくたどり着いてくださった方に情報をシェアします。Coleman 公式サイトのオンラインショップで驚愕の60%OFFを見つけました。クリアランスセールだそうです。ST用が4796円、LX用が6556円って、はっきり言ってヤバすぎです。とりあえずだまされたと思って見てみてください。セールがいつまでかよくわからないので、売り切れていたらごめんなさい。

2024年5月20日追記:STは販売終了

コールマン公式サイト アルミポールST用【販売終了】

コールマン公式サイト アルミポールLX用


この情報で安く買えたよ!という方は、この下のいいね♡を押したり、記事の一番下にあるコメント欄から教えてもらえるとうれしいです!


コメント

  1. 海月 より:

    ツーリングドームST+を使っています。こちらの情報で純正アルミポールの存在を知り、さらに60%オフで入手することができました。ありがとうございます!

    • rogio rogio より:

      海月さん
      コメントありがとうございます!
      破格過ぎてビビりますよね。
      安く手に入れられてよかったです!

タイトルとURLをコピーしました