PR

ツーリングドームSTで実際に冬キャンプしてみてわかったこと

キャンプ用品
記事内に広告が含まれています。


2024年2月某日。

ツーリングドームSTで冬キャンプをしてきました。

千葉県・君津市の稲ヶ崎オートキャンプ場。

当日の気温は夜で5度、一番冷え込んだ朝方で0度くらいだと思います。



実際にツーリングドームSTでの冬キャンプはどうだったのか。


ハッキリ言って、余裕でした。



ツーリングドームSTはフライシートと地面とのすき間がありますから、それなりにテント内に外気が入ってきます。

でもインナーテントのなかにいれば、それほど寒さを感じることはありません。

煮炊きするだけで暖かくなりますし、コンパクトストーブをつけたらあっという間にあたたまります。

このへんはすべて予想通りでした。


ただひとつだけ想像以上だったことがあります。


それは 結露 です。



ツーリングドームST、めちゃくちゃ結露します。

幕内で過ごしているとフライシートの内側はびっしょりになります。


ただこれは煮炊きもしているし、ストーブもつけていますから、想定の範囲内です。

インナーテントの中が結露するわけではありませんから、そのなかで過ごしている分には濡れる心配もありませんし、いたって快適でした。


が、想定を超えてきたのは、朝起きた時。



インナーテントの内側も結露しまくりでした。



少しでもテントを揺らそうものなら、水滴がおちてくるんじゃないかってレベル。


もしかしたらそういうこともあり得ると考えて、真ん中に寝ていて正解でした。

端に寄っていたら、かなり濡れていただろうなと。



もっともこれは気密性の高さの証明でもあります。

暖気を逃さなかったってことですからね。



しっかりガイロープも張って、できるだけ空気の循環を促すようにしていましたが、そうすることでフライシート内部の気温が下がりますから、インナーテントの結露はいたしかたありません。


となれば、結露ありきで準備するしかない。


そこで2つの対策を思いつきました。


・シュラフが壁に触れないように真ん中に寝る

・結露を拭くタオルを用意しておく


もちろんシュラフに防水性がないのであれば、シュラフカバーは必須です。

化繊ならまだしも、ダウンシュラフは濡れると保温性が一気に失われますからね。


この結露対策さえしておけば、ツーリングドームSTでの冬キャンプはおそるるにたらずです。


そうそう、ひとつ裏ワザを見つけました。


インナーテントのドアをひざ掛けにする


は? 


って感じですかね。

たしかに言葉だけだとわかりにくいかもしれませんね。

そんなこともあろうかと、ちゃんと写真を撮ってきました。


はい、これです。

どういうことかわかりましたよね。


これ、めっちゃあったかいです。

一度だまされたと思ってやってみてください。

びっくりしますよ。

ひざ掛けいらねえじゃん、ってね。



というわけで、ツーリングドームでの冬キャンプ。

結露対策さえすれば、ぬくぬくしながら快適に過ごすことができることがわかりました。


さて、次はどこへいきましょうかね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました